FAXの機能を知ろう!

メールからも簡単FAX

FAXの耐用年数はどれくらい?

FAXの耐用年数はどれくらい? FAX機などの事務機は、法律によって耐用年数は5年と定められています。
また、その法律に伴ってメーカーが行っている部品交換や修理などを行うユーザーサポート期間も、製造開始日から5年間というのが一般的です。
FAX機やプリンターなどの複合機は、使用頻度に応じて部品が摩耗していきます。
そして最終的に、この部品が消耗することで機器は動かなくなります。
各メーカーではそれぞれの機器に対して、印刷可能枚数が予め決められており、その設定された印刷枚数が機器の寿命を決める重要なポイントとなっています。
しかしFAX機などは全く使用していない場合でも、劣化してしまう部品が多々存在します。ゴムやスポンジやなど、経年劣化によって消耗し易くなっています。
このことから、機器の寿命は印刷可能枚数及び耐用年数の2つの要素から成り立っていることが分かります。
このどちらかの数値が上限に達した場合、製品の寿命と判断されることとなります。

FAXが故障したときに行うべき対応!

FAXが故障したときに行うべき対応! FAXが故障した時の対応法としてまず挙げられるのが、メーカーに問い合わせをして修理を依頼することです。
メーカーによる修理は保証期間内であれば無料で行ってもらえますが、期間が過ぎていると修理代がかかるので注意が必要です。
また、修理に出してから戻ってくるまでに時間がかかりますので、急を要する内容のものをやり取りしなければならない場合には対応できないというリスクもあります。
次に挙げられるのが新しいFAX機を買ってくるということです。
この場合は買ってきたその日のうちにFAXが受信できるという利点はありますが、故障した原因が分からないまま新しい機器を購入することに抵抗を感じる人もいらっしゃいますし、もしかしたら少し動かしていれば治ったかもしれないと後悔してしまうことも考えられます。
最後の方法はインターネットFAXを一時的に利用するということです。
このサービスは機器に送られてきたデータをパソコンやスマホ、タブレットに転送できるというもので、初回無料お試し期間を設けているサービスを活用すれば一時的に利用しながら故障した機器の修理を待ったり、新しい機器の購入の検討を進めることができます。

新着情報

◎2017/12/14

FAXを安く利用する方法 の情報を更新しました。

◎2017/10/10

FAXの耐用年数と故障時の対応 の情報を更新しました。

◎2017/7/5

レンタルFAXに関する基礎知識 の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「FAX 仕事」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2017 メールからも簡単FAX. All Rights Reserved.